記事一覧

国内業者とは違った注意点

男性

税金が国内業者と違う

海外FXで取引するには口座開設が必要ですが、預けた資金の管理は当然海外の業者が行うため日本国内のような金融庁などの保護を受けることができないです。何かあった場合は、自己責任となります。また、システム的なトラブルなど何か質問したい時に、トレーダー自身が英語ができればいいのですが、英語ができなければ日本語サポート対応している海外FX口座に申込みをすることです。次に注意しなければならない点は、入出金方法です。国内業者と違い海外FX口座は様々な入出金方法が存在します。よく利用されている入出金方法は、クレジットカードや海外銀行送金による方法です。出金方法によって、手数料や一度に出金できる上限金額も異なりますので事前に確認をしてから口座開設申し込みをします。また、国内FXでの取引で得た収益は申告分離課税として一律20%となっています。海外FXでの利益は、雑所得として総合課税になります。所得に応じて税率が変わります。得た所得が大きければ、税率も累進課税で上がっていくため利益が大きければ大きいほど税理も上がっていきます。課税所得金額が1800万円を超えてしまうと50%もの税率がかかってきます。さらに、損失を出してしまった場合ですが国内なら3年間に渡り損益通算することができますが、海外FXは損益の繰越控除や損益通算ができないのです。これを知らないで国内FXと同じく損益通算してしまうと無申告加算税が課されてしまう可能性もあります。

Copyright© 2018 海外FXの 口座を開設【簡単に手続きできるところが見つかる】 All Rights Reserved.