記事一覧

国内と海外業者の比較

お金を持つ人

どんなメリットがあるか

FX取引をするにあたり、口座を開設する必要がありますが海外FX業者で取引をする際に様々なメリットがあります。まず、本社が海外にあるために日本国内で適用される規制の対象外になることです。金融庁の規制により、国内FX業者の口座で運用する際に最大レバレッジは25倍以下に個人投資家は制限されています。それが、今後10倍まで引き下げられるといった情報がありますが、海外は規制に縛られていないため25倍を超えるレバレッジをかけることができます。例えば、800倍以上を超えるレバレッジが適用できる海外FX業者もあります。そのため日本国内の業者を使うよりも最低入金額がさらに少なくてすむのです。しかし、海外FXでまだ取引をしたことがない人が抱えている多くの悩みはレバレッジが高いので損失リスクも大きいということです。国内の口座で運用した場合、証拠金を10万円預けて30万円の損失を出したら、追加証拠金で20万円を入金しなければならなくなります。それが、海外FX口座であると本来なら20万円の弁済が必要になりますがゼロカットシステムで海外FX業者が損失分を立て替えてくれるのです。損失金額はいくらであろうと立て替えてくれます。損失を出したら、残高を0に戻してくれます。また取引再開するには再度証拠金を入金する必要があります。レバレッジが高くリターンが大きい分リスクが高いと思われがちですが、実質的なリスクは低くなります。

Copyright© 2018 海外FXの 口座を開設【簡単に手続きできるところが見つかる】 All Rights Reserved.