記事一覧

スーツの人

海外ならではの魅力

海外FX口座で取引をする際に不安なのは、英語なので取引するのが難しいのではないかということです。現在では、日本語サポートをしているのは当たり前で、出金や入金に対しても手数料がかからずに取引できる業者もあります。

詳しく見る

お金を持つ人

国内と海外業者の比較

海外FX口座で取引するメリットですが、海外に本社があるので日本国内で適用される金融庁の規制対象外となりレバレッジも25倍以上かけることができます。レバレッジを高くすることができるのでリスクが大きいと思われがちですが、ゼロカットシステムで損失分は業者が負担をしてくれます。

詳しく見る

男性

国内業者とは違った注意点

海外FX口座を開く際の注意点ですが、何かトラブルが遭った時のためにも日本語サポート対応している業者にしておきます。入出金方法も各業者で手数料や上限額が異なります。また、日本と異なり申告分離課税ではなく総合課税になります。

詳しく見る

手

海外業者でFX取引

海外FX口座を選ぶポイントは、出金時の手数料が安い、期日通り出金を行ってくれる、過去に出金拒否をするといったトラブルがない業者を選びます。手数料は開設前に比較をしたり、取引次第によっては無料にすることもできます。

詳しく見る

掲示板

海外の業者が人気な理由

海外FX口座が人気の理由は、最低取引金額が日本国内の業者よりも低い業者が多く、元手が少ない人でもFXの取引をスタートできることです。レバレッジが高く設定できる分損失も大きいと不安になりますが、損失が出ても残高をゼロにしてくれます。

詳しく見る

必要事項や必要書類

男性

早ければ1〜3日で

投資というとリスクが少ないものには純金積立などがあります。リスクが少ないのが良い点ですが、リターンも少ないのが特徴です。一方リスクはある程度高くなるものの、リターンも大きいものにFXがあります。その中でも少ない資金で投資ができると人気なのが海外FXです。海外FXを始めるには、まずは業者を選んで口座を開設する必要があります。その口座に外国通貨の購入資金を入れることで初めて、取引が可能となるのです。海外FX業者の事務所は日本以外の国にあるのですが、インターネットを使えば日本からでも口座開設の申し込みができます。所定のフォームに住所氏名や連絡先など、トレーダーとしての基本情報を入力して送信するのです。日本語に対応している海外FX業者も多いので、そこを選べば比較的スムーズに申し込みができると言えます。ただし必要事項の入力だけでなく、その内容が正しいことを証明するための書類の提出も必要となります。具体的には、住所を確認するための住民票や公共料金の利用明細書、そして氏名を確認するための運転免許証やパスポートなどです。いずれも、そのものを郵送する必要はなく、スキャナーなどで画像としてパソコンに取り込み、それを送信するだけで済みます。ただし住所確認書類については、発行されてから3ヶ月以内のものを用意することが大事です。また本人確認書類は、フルカラーの鮮明な顔写真がついているものでなければなりません。フォームに入力した内容と提出書類とに特に問題がなければ、口座が開設され、取引の資金を入金できるようになります。ここまでにかかる日数は、海外FX業者にもよりますが、1〜3日ということが一般的です。しかし週末などを挟むと5〜7日かかることもあるので、早めの取引開始を希望している場合は、計画的に申し込みをしましょう。

Copyright© 2018 海外FXの 口座を開設【簡単に手続きできるところが見つかる】 All Rights Reserved.